2015年12月4日 by admin

こんなにも簡単!短期間で行うことができるプチ整形とは

美容整形の種類と歴史

美容整形は、1990年代から日本で行われたものであり最初はシリコン治療を行っていました。そこから、徐々に技術が進歩して今の治療へと変わっていったのですが、美容整形には種類が存在し、切開してシリコンを埋める治療やヒアルロン酸を注入して二重幅を広げたり鼻先を高くしたりする手術です。シリコン治療は半永久で的に効果が持続するために整形手術として確立していますが、ヒアルロン酸は体に吸収されるために一時的なプチ整形と言われています。

プチ整形で行えることとは

プチ整形という言葉は2000年に入ってから流行し始めました。若者を中心に始まっており、美容整形の一種として行われるようになりました。ヒアルロン酸注射や美容点滴が流行り始めたのもこの時期であり、二重幅を広くする治療が中心に行われていました。他には、オデコをふっくらさせる手術や、鼻筋を通す手術など様々でした。これらは、体に吸収しやすいヒアルロン酸を注入するために効果は二ヶ月ほどしか持続せず、プチ整形と言われるようになったわけです。

プチ整形の注意点とは

プチ整形は、気軽に行うことが出来る整形手術として注目されているのですが、注意しなければならないこともいくつか存在するようです。まず、形がすぐに崩れてしまうということが挙げられます。一時的な効果しか持続しないために定期的に病院に通う必要があるために注意が必要で、費用の事を考えると普通の整形手術を行った方が良いこともあります。そのために、自分の財布と相談しながらよく吟味してプチ整形を行うか考えなければなりませんね。

デリケートゾーンの黒ずみの肌着などと肌が擦れすことによって黒ずみとなります。その為、擦れやすい服を着ると黒ずみが出来やすい傾向にあります。